ピアノ楽譜専門サイト♪猫ふんじゃった

ピアノで弾きたいおススメの曲の楽譜をアレンジしてお届けします。弾き語り、ソロ、入門、初心者の簡単なものから中級、上級者用まで。結婚式におすすめの曲や、発表会におすすめのピアノ曲、ピアノで弾きたいラブソングなど、さまざまなシチュエーションで使える曲と楽譜を紹介しています。

ピアノと電子ピアノの違いについて

Category編曲者のつぶやき
ピアノと電子ピアノは、どちらもピアノと呼ばれることが多くなりました。
しかし、その中身は全然違うものです。


アコーディオンと、鍵盤ハーモニカと、ピアノを比較して、
「どうしたらアコーディオンの音がピアノに近くなるか」「鍵盤ハーモニカでピアノの練習はできるだろうか」と悩む人はいないと思うのですが、電子ピアノの場合、音を出す仕組みがブラックボックスになっているため、見た目では違いがわかりにくいです。

ここではどちらを選ぶべきかという話は置いておいて、その違いについて説明したいと思います。

ピアノは、木琴に近く、電子ピアノはもボタンを押したら鳴るブザーに近いものです。


プレゼンテーション1_1


いわゆるアコースティック楽器は、弦をはじく、たたく、吹く、などのアクションを、楽器本体から空気中に伝えます。
直接空気を振動させることで音を出すので、形が非常に重要です。
楽器の形や演奏方法(弦をはじくのか、たたくのか、吹くのかなど)により音色が決まります。

ギターとピアノの音色は全く違うものになります。

プレゼンテーション1_2

ところが電子楽器は、どんな形をしているかは一切関係ありません
演奏をデータにさえできれば、ギターの形のものだろうが、鍵盤の形だろうが、極端に言うとマウスですら、全く同じ音色を発することができます
逆にギターでピアノの音色を出すこともできるし、ピアノでギターの音色を出すことも出来る。
たまたま鍵盤の形のものが、一番多く出回っているだけです。

プレゼンテーション2

上の図では演奏をデータにする機能をもった3つの楽器がありますが、同じ音源につなげば、まったく同じ音色を出せます。


なぜかというと・・・電子楽器を分解したものを見て見ましょう。

プレゼンテーション3_1


ブザーに近い仕組みというのかこういうことです。

<入力装置>ピアノの形・ギターの形などの装置にデータ転送機能をつけたものです。
(これらにはこのままでは音が鳴りません。)
まず入力装置を演奏しましょう(ボタンをおす)

<インターフェイス>
「ボタンが押されましたよ~」という情報をデータに変換してソフトに転送します。

<ソフト>
音程、長さ、強さの情報をデータにします。

<音源>
音源には、いろいろな楽器の音色のデータが保存されています。
最近の音源には、楽器を実際に演奏した音を録音して保存してあり、それを再生して音色を擬似的に再現します。

<ソフト>
「ボタンが押された」、というインターフェイスからの情報と、「どの音色で鳴らせばいいか」という音源からの情報を統合して、スピーカーに伝えます

<スピーカー>
音を出します。



こうやって、いちいちいろいろな機器を接続して、音を出していたのでは面倒なので、
入力装置とインターフェイス、ソフト、音源、スピーカーをひとつの箱に収めて発売しようということになりました。
そのさい、入力装置には鍵盤が一番有利だったのと、ピアノの代用品へのニーズが高かったことから
入力装置には、鍵盤が選ばれるのが一般的になりました。
プレゼンテーション3_2

ざっとこんな感じです。

では、電子ピアノとピアノのどちらを選ぶべきなのか?
については、意見が分かれるところですので、個人的な意見については次の記事をご覧ください。


ピアノと電子ピアノの比較!ピアノの選び方



魂の表現レッスン!ロバートデニーロ、マリリンモンロー、ダスティンホフマンも受けた、能力開発
ピアノコードを10分でマスターできる裏技を伝授!
スポンサーサイト
【中級ピアノ弾き語り伴奏楽譜】糸(中島みゆき)
視聴
【初級ハ長調ピアノ弾き語り伴奏楽譜】世界に一つだけの花(SMAP)
視聴
【原曲キー-2 ピアノ弾き語り伴奏楽譜】黒猫のタンゴ(皆川おさむ)
視聴
【ピアノ弾き語り伴奏楽譜】異邦人原曲追及版(上級)久保田早紀
視聴
【初級ピアノ弾き語り伴奏楽譜】世界に一つだけの花(SMAP)
視聴

ピアノ,電子ピアノ,比較,選び方,アコースティックピア